妻よりもセフレ募集でゲットした20代の子の方が良いです

出産を経験し、そして40代になった妻の穴はやはり緩くなってしまいました。
妻も20代の頃は十分な締め付けでしたし、セックスでもお互いが楽しめていたのですが…最近は入れてもさほど気持ち良くなくて、たまに射精できないまま終わることもあります。

射精ができていないとバレたら妻もショックかもしれないので、その際は出したフリをします。コンドームを着用していたら案外バレないものでして、妻も幸せそうにしていました。
アソコが緩くなっても、まだ性欲は健在みたいです。

私も性欲は旺盛なほうだと思いますが、緩い穴ではどうも不完全燃焼になりやすく、「ああ、若い頃の妻みたいなきついアソコに入れてみたい…」と考えていました。
結婚している以上はそれも難しい…のですが、ついに我慢ができなくなったのです。

妻には内緒で出会い系を使い、セフレ募集をしてみました。
妻ともセックスは継続しますが、やはりそれだけでは満たされないため、別に相手も欲しかったのです。すると20代の子がセフレになってくれて、挿入してみたのですが…。

この子の穴は、若い頃の妻よりも小さいです。
処女というわけではないし、入れられたらすごく気持ち良さそうにしているのですが、こちらもぎゅうぎゅうに締め付けられて大変気持ち良く、妻相手と違ってすぐに出そうになりました。

女性の穴の小ささはやっぱり若さと出産経験の有無で決まり、若くて出産していないほどきつくなります。これは女性の体の仕組みから考えても仕方のないことであり、どうしても小さい穴に入れたいなら若い未婚女性を探すしかないようです。

私としては「今の妻よりもきつければいいや」くらいの気持ちだったので、予想外に小さいセフレをゲットできたのはラッキーです。セフレ募集って私みたいなおっさんには些か厳しいものだと思ったのですが、意外と簡単ですね。

ちなみにその20代の子とはセックスだけでなくデートもしますが、私みたいなおっさんと一緒でも普通に楽しいのか、よく引っ付いてきます。
あまりベタベタしていると周囲の目が心配になるのですが、それでも嬉しさには勝てません。

20代の女性に絞ってセフレ募集をするのは難しいかもしれませんが、運が良ければ私みたいに小さくてきつい穴を楽しめますので、妻のアソコではもの足りなくなったら試してみるといいでしょう。もちろん、バレたらお終いですが…。

ちなみに妻ともちゃんとしていますが、小さな穴を味わったあとだと、余計にもの足りませんね…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする