掲示板で会ったセフレのセーターをまくり上げたらノーブラでした

女性にとって欠かせないものの1つが『ブラジャー』であり、胸の形を整えるには必須とされています。なお、一時期は男性用ブラジャーなるアイテムが流行りそうでしたが、当然ながら廃れてしまいましたね。

しかしこのブラジャー、現在では多少の賛否両論もあるようです。胸を揺れや擦れから守り、垂れにくくなるという利点はあるのでしょうが…その一方で圧迫することの不快感や乳がんとの関連性など、そこかしこで議論が続いているのですね。

男性からすると「ブラジャーは着けているほうがデザインとかも楽しめる」という意見がある一方で、「服をまくったときにノーブラだと興奮する」なんて声もあるでしょう。ブラジャーは着けていて当然…そんな風潮があるからこそ、ダイレクトに乳首が見えるのは興奮するのかもしれません。

実際の女性のノーブラ率ですが、やはり高いとは言えません。厚着をしているならまだしもある程度薄着になれば乳首が浮きますし、先ほども書いたような擦れによる傷みも発生します。だからこそ、最低でもスポーツブラは着ける人が多いでしょう。

とはいえ、そうした状況だからこそ、『ノーブラはレアで実際に遭遇したら興奮する』という図式も出来上がったのでしょうね。ノーブラが当たり前だとさほど興奮はしないでしょうが、少ないからこそ「こんなにエロい女性がいるなんて!」と驚くのです。

私も偶然ノーブラの女性とセックスすることになったら、やっぱり興奮しました。服の上から触っているときもかなり柔らかかったのですが、まくり上げたらノーブラおっぱいが登場しまして、「街をノーブラで歩いていたのか…」と思ったらムラムラしましたね。

その女性はセフレ掲示板で見つけたのですが、冬ということで会ったときはコートにセーターという組み合わせでした。厚着ということもありノーブラかどうかは分からず、もしも夏であればすぐに分かっていたかもしれません。

もちろんセフレ掲示板でもノーブラだと自己申告していたわけではなく、脱がすまでは分かりませんでした。そのセーターをまくり上げるとノーブラで、「ブラしないの?」と聞いたら「うーん、しない日もあるかな?」とのことです。

完全なノーブラではなく気分によって変えるみたいで、私はいいタイミングで会えたと言えます。ノーブラというだけで幸先がいいというか、最初からセックスも盛り上がるため、とてもありがたい相手でしたね。

セフレ掲示板には、案外ノーブラ女性も多い…のかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする