妻と違い立ちにくい時でもセフレはサポートしてくれます

40代後半になってから、上手く勃起できなくなりました。
完全に立たないというわけではなく、日によって立ったり立たなかったりするため、完全なEDという感じではありません。というよりも、私くらいの年齢の男なら普通なのだとか…。

だからといって性欲が消えたということはなく、むしろムラムラは結構強いです。つまりセックスへの意欲はあるということで、勃起さえできればセックスも楽しめると思うのですが…立ちにくいと、途中で終わってしまうことも多いですよね?

妻も私の立ちが悪いときは「無理しなくていいから」と行為を途中で打ち切ります。
妻としてはセックスしてもしなくてもどちらでもいいという感じでして、私が立たないならそれで終わっても気にならないようですが…私としては、どうも納得できません。

そのうち妻はほとんど相手をしてくれなくなったから、セフレを作ってセックスすることにしました。この歳で妻以外の女性と関係を持つのは、勇気が必要でしたが…女性も40代以降から浮気をすることが多いと聞きまして、私も頑張ってみることにしたのです。

結論から言うと、セフレとのセックスは安定して最後までできました。
どうやら立ちが悪くとも女性側のサポートがあれば復活しやすく、最後までできることが多いようです。妻もサポートをしてくれていたら、不倫をする必要はなかったかもしれませんね…。

セフレになってくれた女性にムラムラするけど立ちが悪いことを伝えたら、「時間はありますし、ゆっくり楽しみましょう!」と優しい言葉をかけてくれたのです。
これが妻なら「立たないならしなくていいじゃない」と言うでしょうし、この辺にも大きな差がありますね。

そして一緒にホテルへと向かったら、その言葉通り時間をかけてたっぷりと楽しんだのです。妻相手だと「妻も待ってるし、早めに終わらさないと…」と焦りが出てくるものの、相手とはイチャイチャも楽しみつつゆっくりと興奮を高められます。

それでもやっぱり立ちにくいと思っていたら「元気にしてあげますね」と口や手を使って刺激してくれて、ペニスはやがて熱く堅くなります。
そうなると挿入もきちんとできまして、久しぶりにまともなセックスができたのです…。

年齢を重ねて衰えた男性であっても、こうして女性がサポートしてくれたら復活できる可能性がありますので、諦めずにそういう相手を探してみるといいでしょう。
もちろん、奥さんにお願いしてサポートしてもらうのが一番でしょうが…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする