彼女とはセックスする前に別れたのでセフレ相手に童貞を捨てました…

彼女を作った男性は、「早くセックスがしたいなぁ…」と考えていますよね?男が女性を求めるのは性欲があるからこそであり、最近は勘違いフェミニストが「男の性欲は悪だ!」みたいな偽善を振りまいていますが、その偽善がなければ人間は滅亡すると考えたらなんとも言えないでしょう。

それに女性がオシャレをしたり自分磨きをしたりするモチベーションは異性の目があるからこそで、男性に性欲がなくなることでの損失は女性にとっても無視できないのです。なにが言いたいかというと、セックスがしたくない人は彼女探しすらしないということですね。

私も初めてできた彼女がいまして、「これでいよいよ童貞も捨てられるのか…」という期待に胸を膨らませていました。私が初めて彼女を作ったのは25歳のときであり、普通の男性に比べると遅いのがよく分かると思います。

もちろん学生時代はずっとセックスもしていなかったわけで、童貞のまま社会人になったという事実は私の心に影を落としていました。しかし、ついに彼女ができたことでそれも解消される…と思ったら、悲劇が起こったのです。

彼女とはセックスする前に別れることになりまして、失恋直後はさめざめと泣いていました…男が失恋で泣くなんてみっともないと思うかもしれませんが、初めての彼女で初セックスの相手にもなってくれたかもしれない人にフラれたら、こうなると思います…。

ただ、私の立ち直りはそれなりに早かったかもしれません。というのも、フラれた理由が『彼女がほかの人に告白されたから』であり、彼氏がいるのにほかの男を受け入れるなんて不義理にもほどがありませんか?

そう思ったら「あんな女相手に童貞を捧げなくて良かったのでは?」と考え直し、出会い系で再び童貞卒業の相手を探しました。その結果として、セフレになってくれたA(仮名)という女性とセックスしたのです。

Aは見た目が元カノよりも綺麗で、なによりもすぐにセックスさせてくれるのが魅力でした。セフレになってくれたのだから当たり前かもしれませんが、あのときの私にとっては女神様のようにも見えたのです。

彼女ではなくセフレ相手に童貞を捨てるのは情けない…と少しだけ思いましたが、いざ始めてみると悪くありません。Aはとてもセックスが上手く、童貞の私をゆっくりとリードしてくれて、ちょっと失敗しても優しく慰めてくれます。

おかげで無事に挿入もできて、あまりの気持ちよさに3回も連続でさせてもらいました。A相手に卒業できたのは、幸せなことだと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする