大分の高崎山に紅葉をセフレと見に行った

ぼくは大分でセフレの女の子と高崎山に行ってきました。
キレイな紅葉とサルを見てそれだけで終わりのわけがありません。
締めは女の子とサルのようにセックスをしてきました。

交尾しているサルは・・・いませんでしたね。
反対にサルに交尾を見せつけるのはおもしろいかもしれません。
そんなことをしたら捕まりますが・・・。

大分駅からセフレとバスに乗って

大分駅

掲示板でなかよくなった女の子とそろそろデートをしてもいいかなという雰囲気になってきたんですね。

そこで、紅葉の季節だし、彼女との初めてのデートでは紅葉を見に行くことにしたんです。
紅葉だけでは面白くないから、高崎山動物園でついでにサルを見ようということになりました。

大分駅で待ち合わせて、そこからバスに乗って高崎山動物園まで行きました。
動物園に電車の駅があれば楽なんでしょうがね。

当日は天気もよくてデートするには最高の条件がそろっていました。
移動時間も女の子との心の距離を縮めるいい時間にできましたよ。

セフレの彼女はスタイルよし

大分のセフレ

彼女とは初対面だったんですけど、痩せていてスタイルはよさそうに見えました。

歩きやすい格好をしてほしいとあらかじめ頼んでいたから、彼女は脚のラインが出るパンツを履いていたんです。
ふくらはぎから太もものラインは健康そうなラインをしていました。

ぼくはすっきりとした体形のほうが好きだから、彼女は理想的な体形をしていました。
高崎山についても、紅葉やサルには目もくれず、ずっと彼女の下半身を見ていました。

そして考えることは「このパンツの下はどうなっているのかな?」ということだけでした。
髪は金髪でちょっと長くてつやつやしていました。

風が吹くたびにその髪を手で押さえるのもなんかよかったですね。

一とおり動物園を見てまわってから、疲れてきたのでバスで大分駅まで戻ることにしました。

疲れたからセフレと休憩

大分駅に戻ると「疲れたでしょ?休憩しましょうか?」と、もはやギャグのような言葉を彼女にかけました。
そしたら「アハハハハ」と彼女のツボに入ってしまいました。

彼女は、笑いすぎて呼吸困難の状態でなんとかうなずいてくれました。
最終的にはえずいていたから、背中をさすってあげました。
彼女の背中はとても滑らかでしたね。

大分駅の近くのラブホテルに入って服を脱いだ彼女はしなやかな体をしていました。

しかし、女性的なラインは崩れていなかったから、男とやっているような感じにはなりませんでしたよ。
女性的な体を残しつつすっきりとした体形をしていたんですね。

抱き合うとやわらかい感触を全身に感じることができました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする