大分でセフレとおしゃれなお店に行ったよ

ワタシは、すでにセフレになっている女の人と、この前、大分のおしゃれなお店に食事に行きました。

いつもいつもエッチだけというのも味気ないし、たまにはセフレとゆっくりとした時間を過ごすのも悪くないですね。

あ、もちろん、ゆっくりと食事をした後のエッチはちゃんとやってきましたよ。
エッチだけは味気ないですが、食事だけも味気ないですよね。

大分のセフレは背が高い女の人だが・・・

そのセフレの彼女は女の人にしては背が高いかと思いますね。
170センチ近くあると言っていました。

が、彼女の栄養は全部身長に回ったみたいで、おっぱいのほうは生まれたときから大して成長していないように見えるんですよ。

乳首のほうは大人サイズだから問題ないけですけどもね。

ま、おっぱいは大きいに越したことはないですが、彼女とは気が合うから細かいことは気にしないんです。

それに、大きいおっぱいだったら別の人のおっぱいを揉ませてもらえばいいだけです。
心当たりはあるんですよ。

女の人が好きそうなお店にセフレと行くと・・・

彼女が言うには、足がないから行けなかったけど、前から気になっているお店があるというので、その彼女のリクエストに応えておしゃれなお店に行ったんですね。

たしかにそこは女の人なら好きそうな雰囲気のお店でしたよ。
ワタシが行った日は、お客はみんな女の人でしたね。

一人だけ男で存在が浮いてしまったんですが、他人から見れば純粋なカップルに見えたことでしょうね。

彼女との会話の中でも、セフレとかエッチとかの言葉は使わなかった、はず。

食事の後は別のものをいただく

そこは女の人向けのお店だけあって、ランチを食べ終わっても「お腹いっぱいで動けな~い」という状態にはならなかったですね。

彼女は「もう食べられない」状態だったみたいなんですが、ワタシには全然余力が残っていましたよ。

もう彼女とは特に打ち合わせることもなく、いつもの流れでいつも使うラブホに行きました。

お腹の膨れた彼女の負担にならないように、ベッドに仰向けになった彼女に乗らないようにワタシが体を起こした体勢でエッチしました。

彼女には仰向けになっても重くて苦しくなるようなおっぱいはないから、この体勢はとても楽そうでしたね。

それでも気を使って、なるべく上下に揺すらないようにも注意してやさしくピストン運動をしましたよ。

時間的にはいつもより長くつながっていられたから、かえってよかったかもしれないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする