大分の杵築でセフレを作りましたよ

わたしはショートカットの似合うかわいい女の子を大分のセフレ掲示板でゲットしました。

彼女とはセフレの関係なんですけど、実は本気になりつつあるんです。

セフレとしての関係を続けて行って、本命のカノジョにできるでしょうか。

それはこれからの彼女との付き合い方によるでしょうね。
初デートはホテルに直行みたいなデートになってしまいましたから、普通のデートの数をこれから増やしていこうと思います。

大分で見つけた女の子

掲示板で見つけたのは、国東半島みたいな丸い頭をした女の子でした。
体のほうもむっちりむちむちした体をしていました。

大分の杵築市で待ち合わせて遊ぶ約束をしたんです。
あ、ちなみに杵築は国東半島の付け根部分の街です。

といっても分からないでしょう。

ざっくり言って、九州の大分の街です。
その杵築でわたしはセフレを探していたんです。

それで見つからなかったら、大分から範囲を広げないといけないなと考えていたところだったので、彼女が見つかってよかったです。

できれば近所で相手を見つけたかったので。

城下町でデート

杵築と言ったら城下町くらいしかないから、待ち合わせ場所として杵築市役所の近くを選びました。

そして、ランチも市役所の近くで食べることにしていたんです。
二人とも住んでいる街だから、城下町を観光するようなことはしませんでした。

でも、本命にするなら城下町でのデートも考えないといけないと思いますね。

とにかくこの日は待ち合わせ場所からランチのお店までまっすぐ行きました。

震える肉

おいしいランチの後は彼女をおいしくいただきました。
初対面の日からエッチが出来るなんて、そこまでうまくいくとは思っていませんでした。

ホテルに入ったら、張り切ってがんばりました。
ベッドに仰向けに寝転がった彼女の腰を掴んでズンズン突き上げました。

ガンガン腰をぶつけても、彼女の体重のおかげで体がずれることはなかったんですけど、もし彼女が痩せていたらベッドの上で頭をぶつけていただろうというくらい頑張りました。

かなり激しく腰を動かしたつもりです。
おかげで彼女の全身の肉がぶるんと震えるところがよく見えました。

序盤は足を抱えていたんですけど、おっぱいがぶるんと揺れているのを見ていたら、足を抱いているだけでは我慢できなくなりました。

一旦腰の動きを止めておっぱいを鷲掴みしたんです。
よく揺れるだけあってとっても柔らかかったんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする