彼女相手にはできなかった縛りプレイをセフレ相手に楽しみました

彼女ができてセックスするようになったら、いろんなプレイを試してみたくなりますよね?男が彼女を作る目的と言えばやっぱりエロ方面であり、仮に「結婚するまではしないよ」と言われたら、一気にモチベーションが下がるでしょう。

もちろん、男性の中にも「婚前交渉はちょっと…」と考える人もいますし、そういう考えを持つ男女が一緒になるのは素晴らしいことです。しかし、健康な男が婚前交渉を我慢するのは現実的ではないですし、そもそも彼女を探す気力も生まれないため、あまりエロを批判すべきではないでしょう。

そんなわけで、私も彼女を作ったらいろんなセックスを楽しもうと考えていました。ちなみに彼女は小柄ですが胸は大きく、お腹はそんなに出ていないというワガママボディです。こんな体を持っている相手なら、さぞセックスも捗ると思うでしょう。

ですが、残念なことに彼女は『普通のセックスは許してくれるけどちょっと変わったプレイは受け入れてくれない女性』でして、初めの頃は良かったものの、徐々に私が欲望をさらけ出すようになると、明らかに引くような態度を見せました…。

私は「健康な男ならこれくらい普通」とか「ほとんどのカップルはしている」と説明するものの、彼女は「でも、そういうのはちょっと…」とすげなく断ります。そんな態度を続けられては、こちらも無理にはお願いできません。

そして私は彼女との『縛りプレイ』を諦めて、セフレを作って楽しむようになりました。そう、私がずっとしたかったセックスとは縛りプレイであり、これは『体の一部を拘束して絡み合うセックス』となります。

SMプレイと呼ばれることもありますが、痛めつけるようなことはしません。あくまでも『自由を奪われた女性の姿に興奮する』というだけで、叩くとかは興味がないのです。しかし、それでも彼女は付き合ってくれなくて…。

もちろんセフレはそんなことはなく、私が求めたらいつでも縛りプレイをさせてくれます。相手は「なんか動きにくい…」と最初は言ってましたが、縛られたまま好き放題されるのは興奮するようで、お互いが楽しく絡み合うことができました。

今ではセフレから縛りプレイを要求してくることもあるし、安全日であればゴムを外して入れることもできます。彼女とのセックスが退屈に感じるほどエキサイティングな時間が過ごせているため、今後もこの人との関係は続いていくでしょう。

彼女とも別れる気はありませんが、もうちょっと付き合いがよくなればなぁ…とはいつも思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする