セフレと継続的に会いたいなら丁寧なセックスを繰り返して仲良くなるべし

「セフレを作れたのはいいものの、何回かセックスしたら会わなくなってしまう…」なんて悩む男性は、結構いると思います。とくにこれまであまりセックスしたことがない男性だと『丁寧なセックス』についても知らないことが多いため、それが原因で会わなくなるのだと思います。

そもそもセフレという関係は『ムラムラしたときだけ性欲を解消する間柄』ですので、どれだけ頑張っても1回か数回で終わることも珍しくありません。そういう相手は「1回だけ遊びませんか?」みたいな感じで聞いてくることも多いので、無理に継続しなくてもいいでしょう。

もしも「この子とはできるだけ長くセフレを続けたい!」と感じられる相手と出会ったら、まずは丁寧なセックスを心がけてください。丁寧なセックスについては人によって多少意見が変わるものの、基本としては『時間をかけて愛撫し、女性をしっかりと満足させるセックス』であることが多いでしょう。

それを実現する上で最初に知ってもらいたいのは、『女性は男ほど手早く満足できない』という事実です。たとえば男性がオナニーする場合、わずか数分で終わることも珍しくありません。これは『男性はすぐに射精して満足できる』ということの証拠ですね。

しかし、女性がここまで早く絶頂することは滅多になく、AVなどですぐにいくのは演技だと思ってもいいでしょう。つまり、男性だけが満足するセックスというのは女性にとってもの足りず、セフレとして付き合い続けるには相応しくない対象なのです。

なので、継続的に会うならば「この人とのセックスは気持ちいいな」と思わせないといけません。そう思えない相手に付き合い続けるほどのお人好しは滅多にいませんから、「この子は優しいしずっと遊んでくれる!」なんて思わないことが大切です。

なお、丁寧なセックスというのは難しくありません。まずはソフトタッチで全身を優しく刺激し、感じやすい部分はできるだけ焦らしてから触れるようにしておけば、女性は高確率で満足できるでしょう。いきなり敏感な部分に触れていると、刺激が強すぎて痛がるかもしれません。

たとえばクリトリスみたいな敏感な部分は最後にとっておき、刺激するときもまずはパンツの上から擦るくらいで十分です。これくらいの焦れったい刺激を繰り返されることで『まるで射精が近付いている男性のような状態』になり、緩急をつけた愛撫をすればそのままいってしまうでしょう。

セフレを長期間キープするなら、ぜひ意識してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする