セフレに上になってもらったらうねるような腰使いになりました

セックスの際、女性に主導権を渡してみるとその人の性癖などがよく分かると思います。

「女性に主導権を握られるのはちょっと…」と考える男性はたくさんいるでしょうが、普段から攻めるばかりだと飽きてしまいますし、いい刺激になるでしょう。

私もセフレに主導権を渡してみたら、かなり腰使いも変わってこれまでにない快楽を得られました。

セックスをするならば誰もが気持ち良くなりたいと考えるように、たまにはこういうことをしてみるのも重要です。

実は妻相手にも主導権を渡してみたことはありますが、あまり楽しめませんでした。

自分から腰を動かすのが面倒なのか、すぐに「あなたが好きにしていいよ」と言ってきまして、結局はいつも通りの行為になったのです。

自分の好きにさせてくれると書けば聞こえはいいでしょうが、実際はやる気がないだけであり、それがセックスレスにつながってしまったのは誰もが想像できるでしょう。

本当は私だってもっと楽しみたいのですが…。

妻とのセックスレスがある程度長引いたら、セフレを作ってしまいました。

セフレを作った原因はたくさんありますが、やっぱりセックスレスを上げる人は多く、これは性別に関わりません。

つまり女性でもセックスレスが続いたらセフレ相手を作りたくなるのです。

またセフレも普段は受身であり、好きなように楽しませてくれます。

妻に比べると意欲的でよく甘えてくるため、十分楽しめていたのですが…あるときは主導権を渡すため、「上になってもらっていい?」と言ったのですね。

相手は騎乗位をしたことがないらしく、最初は「上手くできるかな…」とどこか不安げでした。

ただ騎乗位だと自分の体重も加わって奥まで届きやすいのか、やってみるとかなり気持ち良かったらしく、そのうちうねるような腰使いに変わりました。

まるで娼婦をイメージさせるような動きは私の股間を楽しませ、「これこれ、こういうセックスがしたかったんだよ…」と実感させてくれました。

やはり男性ばかりが攻めていると、マンネリ化してしまいますね。

セフレとは現在も会っており、よく主導権を交換して楽しんでいます。

相手は自分が動いて気持ちよくなるセックスにすっかりハマったのか、私が出してもそのまま動き続けることがあり、その際はちょっときついもののさらに気持ち良くなれます。

主導権をしっかりと活かす女性は大変楽しめるため、こういうセックスをしてみたい男性は参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする