優しく時間をかけてセックスできればセフレはいくらでもキープできます

女性と仲良くなるというのは、なにも知らなければとても難しいです。ネット上には『彼女なんて簡単にできる!』みたいな記事で溢れており、「自分でもできるかも!」と根拠のない自信を持つことがありますが、それでは上手くいきません。

対面して会話したりセックスしたりすれば女性も気を遣ってくれるため、その場は和やかに終わるかもしれません。ですが、その後も続く関係になれるかどうかは『女性と仲良くなるための知識』があるか否かにかかっており、なにも考えていなければすぐにお別れするでしょう。

これは彼女相手だけでなく、セフレ相手であっても同じです。男性は「セックスって気持ちいいし、できるだけ長いこと会い続けて楽しませてもらいたい!」と考えるでしょうが、それが実現するかどうかは自分次第でしょう。

とくにセフレが相手だと「彼女ってわけでもないし、適当にセックスしていればいいだろ」と思い込みやすいですが、それではダメなのは説明した通りです。もしも長く肉体関係を楽しみたいのなら、『優しく時間をかけたセックス』を心がけましょう。

逆に言えば、この優しく時間をかけたセックスができれば、いくらでもセフレをキープできます。昔の私はセックスに関する知識も乏しく、相手を喜ばせることもできなかったのですが…ちょっと気をつけるだけで、セックスの相手には困らなくなりました。

優しく時間をかけたセックスというのは、ほとんど文字通りです。相手の体を見てもがっつかず、感じさせることを第一に考えてじっくりと愛撫をし、挿入については最後に短時間だけ楽しむ…これだけで十分でしょう。

男は挿入が大好きなので「挿入を蔑ろにするのはちょっと…」と思うでしょうが、女性をたっぷり感じさせたあとに挿入すると非常に具合が良くなっており、まるで全部搾り取ろうとするかのように絡みついてきます。

女性のアソコは準備が整わないうちに入れても動きにくいし、なにより相手が痛がることも多いです。つまり、優しく時間をかけたセックスは男性にとってもメリットが多いですから、どんどん取り入れたほうがいいでしょう。

なお、こういうセックスを徹底していると相手から誘われることもありますので、欲求不満になる心配はありません。もちろん彼女が相手のときにも効果的ですから、セックスはとにかく優しく、そして時間をかけるように心がけましょう。

男性は女性の体を見るとついがっついてしまうため、しっかりと自分に言い聞かせつつセックスを楽しんでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする