深夜でもセフレ募集は普通に成功する?

インターネット上では、深夜でも普通に活動している人がたくさんいます。普通であれば昼間活動して夜間は寝ているのでしょうが、なんらかの理由があって昼夜が逆転している人や、ごく短時間だけ眠ればいいという人などは深夜でも活動しているのです。

深夜に外を徘徊するというのは防犯面でハイリスクですが、インターネット上ならばそういった心配はありません。だからこそネット掲示板などには深夜でも普通に書き込みがありますし、夜中とは思えないほどの盛り上がりを見せます。

また、TwitterなどのSNSにも深夜の利用者はたくさんいるので、「夜中だけど寝付けない…」なんてことがあれば暇つぶしとして覗いてみるといいかもしれません。また、『深夜のセフレ募集』なんてことも実現可能でしょう。

セフレを探す場合、休日の日中や平日の夕方がメインとなります。この時間帯は出会い系などに人が多く、運が良ければその日のうちに会って遊ぶこともできますから、このゴールデンタイムに使えるならそれが1番でしょう。

ただし、深夜でも成功しないというわけではありません。先ほども書いたように、ネット上には深夜に活動する人がたくさんいますし、都市部に近いならばそのまま会う約束をしてラブホテルへと行くことだって可能でしょう。

私も一時期は深夜に活動していたので、その時間帯にセフレ募集をしてみたことがあります。SNSほどではないかもしれませんが、出会い系にも深夜にチェックしている人はそれなりにいまして、住んでいる場所によっては誘える相手も見つかるでしょう。

実際に、私も深夜のセフレ募集に成功しました。「この時間だとやっぱり厳しいかな?」と思ったものの、私の書き込みに反応してくれる子がいまして、お互い深夜テンションということもあってか盛り上がりました。

その勢いのまま「じゃあ今から遊んじゃう?」と誘ったら「いいよ!」と言ってもらえて、夜でも活気のある繁華街にて待ち合わせました。相手と合流したら「この時間でも遊ぶなんて思ってなかった」と笑っており、私もなんだか楽しくなってしまったのです。

ラブホテルは深夜でも普通に使えるので、簡単にチェックインできました。なお、満室ではありませんが結構部屋が埋まっており、「みんな、夜なのに元気だなあ」と他人事のように考えたのです。もちろん、私たちも元気に盛りましたが…。

そのままお泊まりして翌朝もう1回楽しみ、それからお別れしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする