SNSのセフレ募集は詐欺も多いので出会い系を使うべし

有名なSNSを使っていると、『セフレ募集をしている女性』が結構多いのに気付くと思います。とくにアダルト関連のキーワードで検索してみた場合、そういう人がたくさん見つかるでしょう。これは一見するとおいしい状況ですが、本当にそうなのでしょうか?

知っている方も増えてきたと思いますが、SNSでのセフレ募集は詐欺が多いです。つまり、本当にセフレを探しているわけではなく、エロを餌に男を釣っているだけ…という事実があります。現に、そういう募集をしているアカウントは凍結されることも多いです。

SNSには出会いを求めている男性も多く、実際に出会えたという声を聞くこともあります。ただ、SNSで恋人を作れた人は『趣味などの話題で盛り上がって会ってみたら付き合うことになった』みたいなパターンが多く、最初からセフレを探しているような人には向かないのです。

最初から欲望丸出しで相手を探していれば、上記のような詐欺に騙されてしまうのがオチです。なので「どうしてもセフレが欲しい…」と考えている場合、SNSではなく出会い系を使うのがもっとも賢い選択肢でしょう。

SNSと出会い系は少しだけ似ていますが、利用者の層は大きく異なります。SNSは主に趣味や宣伝を目的とした人が多く、出会い系は異性との出会いを求める人が多いです。つまり、セフレ募集をするなら断然出会い系だと言えるでしょう。

なお、出会い系にも男性を騙そうとする業者はいます。ただ、人気の出会い系は多くが有料サイトであるように、利用者が快適に使えることを最優先としているため、不正な業者を追い出そうとしてくれます。

つまりはSNSに比べると詐欺に遭う可能性は低く、怪しいと思ったらすぐに通報できますし、その後の対応もSNSとは比較にならないほど早いです。詐欺に怯えず安心して使えるという点こそ、出会い系最大の利点だと言えるでしょう。

また、『セフレを欲しがる女性』が多いのも魅力です。出会い系を使っている女性は男性と同じように「エッチなことがしたいなぁ…」と考えている場合が多く、募集をすればすぐに応じてくれることも珍しくありません。

私もSNSには書けないような露骨過ぎる内容で相手を募集してみたら、リアクションを返してくれる女性も多かったのです。つまり、男性も女性も求め合っているわけですから、SNSとは違って話が早いでしょう。

SNSでの出会いに憧れる気持ちも分かりますが、実用性を重視するなら出会い系を使いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする