出会い系でセフレを探すなら複数のサイトを使うのがオススメ

男として生まれたなら、一度は『セフレ』と呼ばれる存在が欲しくないですか?セックスをするなら彼女や嫁さんを作るという手もあるのですが、どちらもセックスするまでには時間がかかりますし、お金だってそれなりに消費するでしょう。

しかし、セフレならそうしたコストは最小限に抑えられるため、「セックスだってコスパが大事だよな!」と考える男性にもオススメです。今は何かにつけてコスパが意識される時代であり、その中でセックスにも当てはめられるのは仕方がないかもしれません。

私もセックスするならセフレを探すようにしており、まだ彼女はいません。かつてはいましたが、会う度にたくさんのお金がかかりましたし、なにより会ったからと言ってセックスできるかどうかは分かりません。つまり、効率的ではないのです。

それで愛情も冷めたら会わなくなり、今は彼女を探さなくなった…みたいな感じですね。「彼女がいない日々って寂しくないの?」と聞かれることもありますが、少なくとも若いうちは気にならないと思います。

もしも出会い系でこういう相手を探す場合、コツとしては『複数のサイトを使うこと』ではないでしょうか?出会い系というのは驚くほどたくさんあるため、利用者もそれなりにばらけており、そうなると1つのサイトに絞って使うのは非効率的です。

「でも、使うサイトを増やしたら出費も増えるでしょ?」と思うでしょうが、多くの出会い系は従量課金制です。相手のプロフィールを見たりメッセージを送ったりすればポイントを消費するのですが、そのポイントは前払いで購入するため、利用しなければお金が減ることもありません。

だから複数のサイトを使い分けていてもさほど懐は痛まず、それでいてより多くの女性とやり取りできます。サイトによって盛り上がっている時間帯が異なる可能性もありますし、人気サイトをいくつか利用すれば『常に女性とやり取りしているような状態』も維持できるでしょう。

私も3つの出会い系を使っていましたが、おかげで会ってくれる女性もすぐに見つかりました。複数のサイトを使い分けるのって大変そうに見えますが、メールをチェックして返信する要領と大差ありませんので、仕事などでメールを打つ人ならとくに気にならないでしょう。

なお、大抵の出会い系は最初に無料ポイントをくれますので、お金をかけずに女性とやり取りできます。複数のサイトを使えばそれだけ無料ポイントがゲットできるため、結構たくさん話せますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする