若いセフレは好奇心旺盛だから顔面騎乗位やソフトSMにも応じてくれます

好奇心というものは、年齢に応じて減少していきます。若い頃はどんなものにも興味を示していたでしょうし、そのおかげで新しい世界を見ることができていたと思いますが…年齢を重ねると、自分でも驚くほど変わります。

新しいものを見ても「ふーん」くらいの感情で終わることが多く、30代以降になればそれが顕著です。私も昔はいろんなことを試したし、ときには危ない橋を渡ることもあったのですが…今は、とてもそんな気持ちにはなれません。

というか私も結婚しているわけですが、危ないことはできない…と書いたほうがいいかもしれませんね。仮に私になにかあれば困るのは家族でしょうし、その自覚を持っていると言えば、好奇心がなくなるのも悪くない…と言えるかもしれません。

ただ、完全に好奇心が消えたわけではありませんでした。むしろエロ方面に関してはまだまだ旺盛で、「こういうプレイもしてみたいなぁ」なんて妄想していたのです。やはり人間は『好きなことに関してだけは好奇心も持続する』という習性があるのか、私もいろんなセックスがしたいと思っていました。

しかし妻は私以上に好奇心を失ってしまっているのか、とにかく新しいことをしたがりません。「今の家庭を維持するので精一杯だから」というのが口癖みたいになっており、だからこそ安心して育児も任せられるかもしれませんが…。

ですが結婚してからずっと同じようなセックスをしていたら、さすがに飽きてしまいますよね?しかし妻にマニアックなことをお願いすれば「面倒だからやだ」と素っ気なくて、私は若いセフレを作るまでは悶々としていたのです。

実は私、若いセフレとこっそり遊んでいます。理由についてはもはや説明不要で、妻相手に発散できない欲望を解消していました。なお、若い女性はやっぱり好奇心も旺盛なのか、マニアックなプレイにも応じてくれたのです。

とくに興奮したのが、『顔面騎乗位』と『ソフトSM』ですね。顔面騎乗位とは男が仰向けに寝て女性が顔の上に乗るわけですが、当然アソコが密着しますよね?この際は結構苦しいものの、匂いやら味やらにすごくムラムラします。

また、ソフトSMでは目隠しをしたり腕を縛ったりして絡み合うのですが、自由を奪うことで性感が強くなるのか、とても敏感に反応してくれます。やはりこういうマニアックなことも取り入れないと、セックスも飽きてしまいますね。

好奇心旺盛なセフレがいるとこういう楽しみ方もできるので、皆さんも探してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする