セフレは腋を舐めながらピストンしていると良く締まります

セックスするとき、なにも考えずに突いていませんか?女性の中はとても気持ち良く、一度入れてしまえばつい腰が動いてしまうため、ほかのことはなかなかできないと思うかもしれませんが…それだけでは『本当に気持ちのいいセックス』も楽しめません。

本当に気持ちのいいセックスをするなら、女性を感じさせつつ腰を振る必要があります。「女の人も入れられると気持ちいいんじゃないの?」と思うでしょうが、普通に入れて腰を振るだけではさほどでもありません。

そもそも膣という部分は『男が想像している以上に感じにくい部分』であり、入れるだけで感じるほど都合良くできていません。入れられるだけで喘ぐのはAV女優だけであり、ほぼすべてが演技だと言ってもいいでしょう。

つまり、挿入で感じさせるなら『気持ちいい部分を同時に刺激する』という工夫が必要です。これは一見すると難しそうに見えますが、相手の感じる部分が分かれば意外と簡単であり、その日のうちに気持ちのいいセックスが堪能できるでしょう。

たとえば胸が感じやすい女性の場合、『腰を振りつつ胸を愛撫する』というスタイルになります。こうして書くと大体やるべきことは分かるでしょうし、なにより男性としても楽しめそうなのが分かると思います。

女性は『気持ちいい部分と膣を同時に刺激される』というのに弱いため、相手の感じやすい部分はしっかりと探すようにしましょう。ちなみに私のセフレは腋が非常に感じやすくなっているので、いつも腋を舐めつつピストンしていました。

「腋ってなんか臭そう…」と不安になるでしょうが、女性の腋を目の前にすればそんなことも言えなくなるでしょう。それくらいエロい形状をしていますし、なによりちゃんとお風呂に入っていれば全然臭わないため、いくらでも舐め回せると思います。

私のセフレも腋の手入れは完璧ですし、セックスの前は必ずシャワーを浴びていたので、いつでもペロペロできました。ちなみに腋が感じやすいと知ったのは偶然舐めたときの話で、「そこ、ゾクゾクしちゃう…」と言ったときの顔は忘れられません。

なので挿入するときも腋を舐めつつ腰を振っていますが、腋に舌を這わせる度に中がキュッと締まってきて、私の気持ちよさも格段にアップします。女性は感じると膣内がきつくなりやすいため、こうしたセックスは双方が満足できるでしょう。

きつくて気持ちいい分、早く出しやすいという欠点もありますが…セフレのリアクションを見ていたら、やめられないんですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする