出会い系サイトで嫁さんだけでなくセフレもゲットした私の話

出会い系サイトのことをボロクソにこき下ろす男性は多いですが、私にとっては『神サイト』の1つに数えられるほど重宝しています。こんな風に評価していることから分かるように、私はいくつもの出会いに恵まれたのですね。

ちなみに現在は結婚してまして、もちろんそのお相手とも出会い系で知り合いました。嫁さんは出会い系を使っていてまだ日が浅く、私が声をかけたら長々と相手をしてくれまして、アドレス交換や会う約束もすぐにできたのです。

そこからの進展は早く、初デートの際に告白し、すぐに恋人になれました。恋人になったあとも順調に交際を重ね、大きなケンカを経験することもなく結婚したのです。こんな良縁に巡り合わせてくれた出会い系には、感謝の気持ちしかありません。

ちなみに、出会い系はまだ使っていたりします。「結婚したらもう出会いなんていらないでしょ?」と思われそうですが、実は『セフレ』もちょくちょく探していまして、気になる人がいたら誘い、そしてセックスを楽しんでいました。

嫁さんにバレたら怒られるのは明白で、ともすれば離婚もあり得ます。しかし、恋人として付き合っていたときからセフレはいましたし、これまで一切バレることはなかったので、私にとっては生活の一部になっているのです。

生活の一部になっていたら急にやめるというのも難しく、実際に嫁さんとだけセックスするというのももの足りません。男性はいろんな女性とセックスすることでモチベーションを保てますから、これは私が前向きに生きていくためにも欠かせないことなのです。

出会い系サイトは結婚していても普通に使えるし、バレにくいのがとても助かります。もしかしたら嫁さんも私に内緒で使っているかも…と思ったら多少不安になりますが、すでにセフレと遊びまくっている私では注意できないでしょう。

最近見つけた子の中では、20代のセフレが気に入っています。この子は年上である私を兄みたいに慕ってくれまして、一度お願いしてみたら「お兄ちゃん」と呼んでくれました。本物の妹ができたような気がして、股間も大喜びでしたね。

このように、嫁さんとは異なるタイプとセックスするのはとても楽しいので、「結婚しているけど、女遊びをしてみたい…」と感じたなら、すぐに出会い系を使ってください。一度使ってみると、やめようとは思えないほどハマるかもしれません。

もちろんバレたときのリスクもありますから、嫁さん一筋になれればそれが1番でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする