マッチングアプリを使っていましたがセフレ募集がしたくて出会い系に切り替えました

『マッチングアプリには美人ばかり!』なんて謳い文句は聞いたことはありませんか?マッチングアプリというのは男女の出会いを応援するサイトであり、ネットで検索してみれば多数のレビューが見つかると思います。

そうしたレビューの中には胡散臭いものもありますが、実際に利用していると思わしき美人の写真が載っていることもあるので、「こんな美人がいるなら、自分も使ってみようかな…」と考えるのが男という生き物でしょう。

私もそういう噂を聞きつけて、マッチングアプリを使ってみました。ちなみに彼女が欲しいわけではなく、ちょうどセフレ募集をしてみたいと思っていたので、「美人ですぐにやらせてくれる人が見つかるといいなぁ」と思っていたのです。

セフレよりも彼女を探すべきでは?という意見もありますが、私はどうやら飽きっぽい性格らしく、誰かと付き合っても長持ちしないのです。しかし性欲は強くてセックスも大好きだったから、もっと簡単にやらせてくれて、しかも執着しなくて済む人が欲しかったのですね。

こうしてマッチングアプリにてセフレ募集を開始したわけですが…その結果は、お世辞にもいいとは言えませんでした。たしかに美人は多いですし、普通の会話であればノリノリで応じてくれる女性が珍しくありません。

ただ、ちょっとでもエッチな誘いをするとすぐに話せなくなり、セフレを作ることはできませんでした。美人ってエッチな人が多いと思ったのに、なぜ…なんて悩んでいたら、私は『出会い系』とマッチングアプリを混同していたようです。

出会い系とマッチングアプリは同じものだとされがちですが、用途は全然異なります。マッチングアプリは恋人や結婚相手を探すためのサイトで、出会い系こそがセフレ募集に向いているサイトでした。つまり、私は使うべきサービスを間違えたのですね。

時間と少しのお金を無駄にしたわけで、多少凹みましたが…問題点がハッキリすればやるべきことも決まりまして、すぐに出会い系へと移行しました。ちなみに出会い系にも綺麗な人は結構多くて、レベルの高さという意味ではマッチングアプリといい勝負でしょう。

なにより、エッチな女性が多いという利点があります。私みたいにセフレを探している人もたくさんいて、誘ってみたら「たくさん気持ち良くしてくださいね!」なんて乗り気で応じてくれるのです。

もちろん会えば激しいセックスができまして、「これこれ、こういう相手が欲しかったんだよな」と痛感しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする