若い子をセフレにするならまずご飯を奢るべし!?

若い子をセフレにしたい…これは男なら当然の願望となります。基本的に男というのは『セックスするなら相手が若いほど興奮する』という傾向があるため、未成年に手を出して捕まる人も後を絶たないのですね。

そして人気のあるAV女優や風俗嬢にも童顔が多いように、若く見えるというだけでも非常に価値があります。あまりにも若く見える女性と結婚した男性は援助交際を疑われて職務質問をされることもあるらしいですが、それでも男からすれば羨ましいでしょう。

若い子はもちろん人気が高いので、簡単には仲良くなれません。合コンなどで見かけても普通に彼氏がいたり、ほかのスペックが高い男になびいたり、「やっぱり、若いセフレなんていうのは作れないのかな…」と諦めそうになるでしょう。

そんな人たちにオススメしたいのが、『若い子が多い出会い系』ですね。スマホが普及した現在は出会い系も非常に多く、その中には若い子に支持されているサイトもたくさんあります。そんなサイトを使えば、若い子とも仲良くなりやすいでしょう。

もちろんそういうサイトに登録したとしても、必ずセフレにできるとは限りません。適当に声をかけていてもなかなか相手をしてもらえず、「時間を無駄にしてしまった…」と嘆く男性も少なくないでしょう。

もしも若い子を誘い出してセフレにするなら、まずご飯を奢るべきです。文字にすると大変簡単で「そんなのでいいの?」と疑問に思う男性もいるでしょうが、ご飯を奢るというのは古今東西有効な手段なのですね。

最初から「セックスさせて!」とお願いすると、エッチな女性であっても微妙な気持ちになります。しかし「ご飯奢るよ」と誘えば「まずは会ってみようかな?」と考え、最初の誘い出しは難なく成功するでしょう。

そして女性はご飯を奢ってもらうと相手のことを気に入りやすく、エッチな性格なら「この人となら、エッチしてもいいかな?」と考えるやすいです。どんな人間にも食欲はあるように、それを満たしてくれる相手を悪いようには思えないでしょう。

とくに美味しいものであればセックスできる可能性もアップするので、事前に相手の好物を聞いておいたり、どんな相手でも喜びやすいお店(焼肉店など)に連れて行くといいでしょう。私の場合、スイーツバイキングに誘うこともあります。

こうして私も若いセフレをゲットできており、休みの日はそのエロい体を楽しんでいます。これまでなかなか若い子とセックスできなかった人も、ぜひお試しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする