20代セフレのアソコはきつくてトロトロだから腰が止まりません

うだつの上がらない一般男性にとっての楽しみと言えば、やはりセックスしかありません。世の中の成功者と呼ばれる人たちは性欲をコントロールすることで成功したとされているものの、そういう壮大な目標がない限り、性欲というのはしっかり発散したほうが楽しいです。

現に日本の性産業は大きくなる一方であり、セックスの需要が今も昔も高いのを物語っています。とくにオナニーに関するグッズなどは豊富でして、この点に関しての日本は世界の最先端と言ってもいいでしょう。誇れるかどうか、微妙なところかもしれませんが…。

私も三流大学を卒業してから中小企業に就職した男で、大物でないのはしっかりと自認しています。それにこれから逆転したいという気概はなく、「このまま飢えずに生きていければまあいいかなぁ」としか考えていません。

私も一時期は「人の役に立ちたいな」と思ったことがありましたが、成功している人たちと自分を比較するようになったら早々に諦めまして、とりあえず働いて納税するだけの一般国民になりました。納税義務を果たしていれば、気に病むことはありません。

もちろんセックスが大好きで、これがないと生きる気力を失っていたかもしれません。大げさかもしれませんが、セックスはどんなゲームやドラマよりも夢中になれますし、出したあとはとてもさっぱりとした気分になれますので、庶民の娯楽としては最上級ではないでしょうか?

うだつの上がらない一般男性には恋愛や結婚は難しいので、セックスは出会い系で見つけたセフレを相手に楽しんでいます。この女性、20代という若さのおかげで見た目が可愛らしいだけでなく、アソコがきつくてトロトロですから、入れただけでもいきそうになりました。

出会い系を使えばいろんな女性をセフレに誘えますが、やっぱり狙うべきは20代だと思います。私も過去には熟女と遊んだことがありますし、それに対して不満があるというわけでもありません。ただ、20代の女性に比べるともの足りなさは否めないでしょう。

なぜもの足りないのかというのは詳しく説明できませんが、男としての本能が若い女性を求めている感じです。なので入れたときの喜びは筆舌に尽くしがたく、改めてセックスの良さを再認識させてくれるのです。

「セックスしか楽しみがないなんて可哀相…」と思う人は、大きな目標があって幸せなのだと思います。しかし私みたいに明確な目標がないのなら、セフレとのセックスは最高に楽しめますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする