20歳のセフレはとても小さな穴だったから私の巨根に慣れさせるのも大変でした

若い頃からセックスが大好きで、30代後半になった今でも相手を探すために出会い系を使っていました。ちなみに結婚の予定はとくになく、セックスをさせてくれる相手であれば十分なので、セフレのみ探していました。

結婚願望がないというわけではありませんが、いろいろありまして女性とは長続きしないため、とりあえず一度だけでもセックスさせてくれるなら十分だと考えていました。両親には申し訳ないですが、こればっかりはどうしようもないと思っています。

なぜこんな風に諦めているのかと言うと、私のアレはとても大きいからです。いわゆる巨根というやつでして、本来なら誇らしいのかもしれませんが…正直なところ、ある程度の大きさ以上になれば邪魔なだけですね。

女性は大きいほど嬉しいと勘違いしている男性が多いですが、あまりにも大きすぎると圧迫感が強すぎますし、なによりアソコの穴が広がりすぎてしまいます。過ぎたるは及ばざるが如しという格言もありますが、まさしくその通りです。

むしろ経験の少ない女性はサイズが小さなほうが安心するため、「自分のは小さいし…」とコンプレックスに感じている男性は積極的になってもいいでしょう。サイズが小さくとも気持ち良くなる方法はいくらでもあるため、大き過ぎて逃げられるよりはマシです。

そんなサイズにも関わらず性欲も強い私は、いつも出会い系でセフレを探していました。1回だけであれば大抵の女性は受け入れてくれるし、中にはこのサイズを喜んでくれる人もいるので、世の中は広いと思っています。

ただ、先日会ってくれた20歳の女性は若くて経験が少ないこともあり、とても小さな穴をしていました。なので私の巨根に慣れさせるのも大変であり、私としてはきつくて気持ち良かったですが、相手には少し負担を強いたかもしれません。

若い女性は年齢を重ねた女性に比べると経験が少ないことが多く、会う前から多少の不安がありました。このセフレも経験人数は2人だと話しており、久々にセックスがしたくなって相手を探していたらしいですが、私と会うことになったのは少しだけ不幸かもしれません。

ただ、好奇心はなかなか強かったようで、私がアレを取り出すと驚きつつも興味津々でした。こんなサイズは今まで見たことがなかったようで、「エッチなビデオよりもすごい…」と息を呑んでいたのです。

そして挿入するとやはりきつかったようで、苦しいような感じているような、複雑な喘ぎ声を出していました。事後は満足したと話していたものの、アソコが広がっていないか心配ですね…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする