掲示板で見つけた美人に抜いてもらうのは気持ち良すぎます

射精のことを「抜く」と表現することは多いですが、これは言い得て妙だと感じています。体内から精液を抜くという意味でもしっくりきますが、男性にとって射精というのはたまったムラムラとストレスをさっぱりさせるという意味もあるため、『毒気を抜く』という意味でもフィットしています。

もちろん、私もちょくちょく抜いていました。男はある程度成長すると自然とムラムラするようになり、やがて自慰行為も覚えるようになります。そして抜くという表現についても理解するようになり、ムラムラしなくなる年齢まで抜き続けることでしょう。

射精の時間が無駄だと感じる人は「いくつになるまで抜けばいいんだろう…」と面倒に思うでしょうが、それは個人差が大きいです。早い人なら40手前でほぼ枯れてしまうこともあるようですが、逆に70代以降でもお盛んな人はいますから、こればっかりは自分の体に聞いてみるしかないですね。

抜く方法はいろいろありますが、やっぱり女性に抜いてもらうのが1番気持ちいいでしょう。女性に抜いてもらうと言えば挿入をイメージするでしょうが、実は手や口で抜いてもらうだけでもかなり満足できます。

女性の手や口というのは男性のそれとは感触が異なり、「女性っていうだけでこんなにも気持ちいいのか」と驚くかもしれません。女性の体というのは男を満足させるようにできているので、いつの世も男は女性を求めてしまう生き物なのです。

とくに抜いてくれる人が美人であれば、より一層気持ち良くなれます。ただ単に抜いてもらうだけなら美人でなくてもいいのですが、どうせ抜くならより一層気持ちよくなりたいのが普通ですから、掲示板でも美人を探すといいでしょう。

掲示板というのは案外美人が多いです。こういう掲示板にいる女性はいわゆる好き者ですが、性欲の強い女性はホルモンの分泌も盛んなのか、綺麗な容姿をしていることがそれなりにあります。

私も掲示板でよく抜いてくれる相手を探していますが、美人ともそこそこ遊べています。この前見つけた女性も美人でして、しかも手を使ったプレイが上手だったから、入れる前に1回抜いてもらいました。

手コキは自分でも可能ですが、女性に握ってもらうと格別です。自分で抜いても事後はなんだか冷めてしまいますが、女性に抜いてもらった場合は出したあとも結構元気でして、何回でも抜いてもらいたくなるでしょう。

美人の顔はいい興奮材料になりますから、ぜひそういうセフレをゲットしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする