セックス後のまったりした時間でセフレとイチャつきつつまた勃起させるのが楽しいです

セックス後のまったりとした時間というのは、なかなか魅力的だと思いませんか?「射精した後ってだるいし、さっさと寝たいんだけど…」と考える男性は非常に多いと思うのですが、一度はセックス後の時間というのも意識して過ごしてみましょう。

女性の多くはセックス後の時間を大切にしているため、『女性を満足させるなら後戯は欠かせない』という意見も珍しくありません。最近はセックスにおける前戯を大事にする男性も増えてきたとされますが、この後戯を適当にこなしてしまう人は少なくないでしょう。

この後戯は女性にのみ受けが良さそうに見えますが、男性側にも十分なメリットがあります。というのも、射精した男性は1回きりで終わってしまうことが多く、後になってから「もうちょっと出しておけばよかったかなぁ…」と考えるのですが、セックス後にまったりとイチャついていると復活しやすいのです。

勃起が復活すればセックスは再度楽しめるようになるため、後になって欲求不満に悩む心配はほとんどありません。どれくらい性欲が強いかによって異なりますが、連続で2~3回くらい出しておけばしばらくは欲求不満になる心配もないでしょう。

セックス後も女性と離れずにいちゃついていた場合、相手の肌の感触にて性欲も復活しやすくなり、連続で楽しむことも可能です。また、女性は一度セックスを始めると体が火照り続けて長く楽しみたいと考えるので、男性の復活力がアップすれば確実に喜んでもらえるでしょう。

私もかつては後戯なんて意識していなかったのですが、今はセックス後のイチャイチャも大切にしています。セフレも性欲が強いので1回だけではなかなか満足してくれませんが、私が復活しやすくなったらとても喜んでくれました。

セフレは肌がすべすべなだけでなく胸やお尻も大きいので、引っ付いていると非常に気持ち良くなれます。なので射精後も引っ付いていると徐々に股間に血液が集中していき、そのうち見事な復活を果たすでしょう。

さすがにセフレも3回くらい連続で求めれば満足してくれるため、終わった後はとてもご機嫌になります。女性の性欲は男性以上に強いというのは有名な話ですが、長時間セックスを楽しめるように努力すればより一層実感できるでしょう。

なお、セフレとするときだけでなく夫婦や恋人同士のセックスにおいても重要なテクニックだと言えるので、セックス後の余韻は大切にしてください。そうすれば、これまで以上に仲良くなれるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする