夏は汗に蒸れたセフレのアソコを舐めるのが好きです…

夏と言えば、どんなものをイメージしますか?海やスイカ、風鈴や麦茶などたくさんあるでしょうが…男なら、『汗だくの女性』をつい想像しませんか?水も滴るいい男なんて言葉がありますが、それは女性も同じです。

汗や水に濡れた女性はなぜか色っぽくて、ストレートに言ってしまうなら興奮するでしょう。汗で服が透けたり、近付くとむわっとした匂いが漂ったり、とにかくスケベオーラが出まくっているのです。なので、夏は性欲の季節とも言えるでしょう。

汗をかいて蒸れるといろんなところから匂いが漂いますが、1番濃いのはやはりアソコですね。常に下着で覆われていることもあってか蒸れやすく、当然ながらたくさん汗もかいています。女性の場合は下着が密着しやすく、ケアも苦労しているようですね。

しかし男は「パンツの中が蒸れているのか…」と思ったら、確実に興奮するでしょう。女性からすると「汚いじゃん…」と思うでしょうが、それならクンニなんて行為は生まれないわけで、男性としては蒸れているからこそフェロモンを感じられるのです。

ちなみに私は汗に蒸れたアソコを舐めるのが大好きで、夏はセフレのをたくさん舐めていました。最初は相手も恥ずかしがっていましたが、次第に気持ちよさが上回ったようで、今はされるがままという感じですね。

男なら、セフレを作って思う存分セックスがしたいですよね?私も健康な20代男性ということでいつも持て余していたから、「そろそろセックスの相手も欲しいな…」と思い、出会い系で探しました。そうすると、予想以上にあっさりと見つかったのです。

夏以外の季節もたくさん遊びましたが、やっぱり夏が1番楽しかったですね。理由については先ほども書いた通りで、セフレが汗だくになるからです。本人は「匂いとかのケアが大変なんだよね」と言っていましたが、私としては最高の状態でした。

初めて汗に蒸れたアソコを舐めさせてもらったときは、やっぱり「シャワー浴びてないのに…」と恥じらっていたのです。女性からすると1番汚くて臭う部分だと感じていますから、こうした反応は至極当然でしょう。

しかし、その濃厚過ぎる匂いは私の性欲を刺激し、相手のアソコから匂いがなくなるまで舐め続けました。ここまで長時間舐めていると相手も舌だけで絶頂を繰り返しており、「恥ずかしいのに、すごく気持ち良かった…」と呟いたのです。

夏はこういうお楽しみがありますので、クンニが大好きな人はぜひ試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする