「旦那と違ってガツガツしていないから興奮する」と話す人妻セフレ

女性は男性に求められることで興奮する…のですが、それは『がっつくほど喜ぶ』という意味ではありません。まれにがっつく男性を好む女性もいますが、それはかなり珍しい話であり、ほとんどの女性はがっつく男を嫌います。

そもそも女性は雰囲気を大事にするため、それらを無視する男というのは総じて嫌われてしまいます。雰囲気を大事にするということはそれを壊せば一気に冷めてしまい、その後のセックスに悪影響を与えるのは言うまでもありません。

しかしながら、性欲が強い男に対して「がっつくな!」という命令は厳しいものがありまして、「じゃあセックスできないじゃん…」と絶望するかもしれません。女性からすると大袈裟に聞こえるかもしれませんが、男というのは本能的にがっつきやすいのです。

どうしてもがっついてしまう男性は、女性と会う少し前に抜いておくのがおすすめです。「せっかくセックスができるのに、オナニーするのはもったいない…」と思うかもしれませんが、がっつく男性は回復もそれなりに早いので、ある程度時間を空ければちょうどいい感じになります。

もしくは、セックスの経験を重ねるのもいいでしょう。経験が浅いほど興奮してがっついてしまいますが、回数をこなせば良くも悪くも慣れてしまい、そのうち余裕を持って接することができます。もちろん、慣れてもがっつく人もいますが…。

私と遊んでいるセフレも旦那のがっつきに困っており、そのせいで気持ち良くなれないとぼやいていました。結婚後もがっつくほど旺盛なのはいいこと…ですが、そういうセックスが毎日のように続けば、女性も嫌気が差します。

その結果としてほかの男性に癒されたくなり、私がセフレに誘ったらあっさりとOKしてくれました。今はちょうど旦那の仕事が忙しいようで、なかなか帰ってこられないから気軽に遊べると話していたのです。

人妻をセフレにするというのはドキドキするので、ついがっつきたくなるかもしれません。しかしそれをしてしまえば旦那の二の舞になるのは明白ですから、私はゆっくり楽しむように努めたのです。

その結果、相手には「旦那と違ってガツガツしていないから興奮する」と褒められまして、今も相手に誘われて会うことがあります。女性からセックスに誘われるというのはなかなか名誉なことでして、会う度に気持ち良くしてもらえています。

ガツガツできるのは元気な証拠ですが、セックスではある程度の理性も必要なので、女性が気持ち良くなれるための方法も意識しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする