21歳のセフレはよく濡れるのに締まりのすごさがよく分かるのがたまりません

仕事の都合でしばらくセックスをしていないと、ふとしたときにムラムラが押し寄せてきませんか?普段はとくに気にならないのに、なんの前触れもなくエロいことが頭に思い浮かび、気付けば股間に血液が集中している…これは、大人になっても起こり得る事態です。

もちろん性欲というのは差がありますので、長期間出さなくても平気と言う人は存在するでしょう。しかし私みたいに20代だとまだまだ元気なのが普通ですから、「あ、ヤバい…」と思ったら股間が徐々に熱くなるかもしれません。

「それなら仕事が終わってから抜けばいいじゃん」と言われそうですが、そうもいかない場合があります。私の仕事はかなり忙しく、会社に泊まることも珍しくありません。あんなのは漫画での出来事…なんて思われそうですが、それくらい忙しいところはいくらでもあるでしょう。

仕事が終わって自宅に戻れるなら、まだ抜くことができるかもしれません。しかし会社に寝泊まりするのであれば人の目もあるでしょうし、抜いた際の匂いなどでバレるかもしれません。つまり、私は抜けるタイミングが少なかったのです。

そんな私でも気兼ねなくセックスできるタイミングが、夏休みなどの長期休暇ですね。忙しい仕事だと休暇自体がなさそうですが、私の会社は長期休暇だけはちゃんと取らせてくれるので、このときばかりは性欲を完全に解放していました。

ちなみに彼女はいないので、都度出会い系でセフレを探すようにしています。仕事が忙しい男ほど優しい彼女にサポートしてもらいたいところですが、そもそも忙しいなら相手探しもおぼつかないわけでして、そうなると出会い系を使うしかありません。

幸いなことに出会い系には若くて可愛い子がいっぱいいるため、この前も21歳のセフレとセックスができました。こういう若くてモテそうな子でもセックスに誘えるというのは、出会い系最大の魅力と言ってもいいでしょう。

若い子といえばきつい締まりが期待できますが、このセフレも例外ではありません。しかもよく濡れる敏感さも備えているおかげで『スムーズに動けるのに締め付けもちゃんと伝わってくる』という素晴らしい状態になりまして、1回出してもすぐに復活したのは言うまでもありません。

余談ですが、長期休暇以外でも家に戻れることはありますし、出会い系を使って遊ぶチャンスはあります。ただ、1番じっくりと遊べる機会が長期休暇なので、そのタイミングでどれだけスッキリできるかは重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする