離婚後も増大し続ける性欲を持て余した結果セフレ募集をするようになった私

冗談みたいな理由ですが、私は『セックスの求め過ぎ』で離婚されてしまいました…夫婦ならいくらでもセックスができると思うかもしれませんが、どうやら限度もあるみたいで、私みたいに性欲が強すぎると相手探しに苦労します。

私は昔からとにかく性欲が強く、精通してからは毎日オナニーをしていました。それも1日1回ではなく、学生の頃は1日6回は抜いていたと思います。ちなみに、今もそれに負けないくらいムラムラしていますよ。

妻となってくれた女性も私の性欲の強さは知っていたので、ちゃんと相手をしてくれると思っていました。しかし夫婦になってずっと一緒にいるとほぼ1日中することも珍しくなくて、「まだし足りないの?」と驚かれたのです。

新婚の頃はそれでも付き合ってくれていましたが、それが何年も続くとついに妻も根を上げてしまい、「あなたと一緒にいたら死んじゃうから…」と離婚を突きつけてきました。私は引き止めたものの、「じゃあ回数を減らせるの?」と言われ、結局は離婚を受け入れたのです。

離婚を経験した私は少なからずショックを受けまして、これがきっかけで性欲も大人しくなる…なんて思いきや、そんなことはありません。離婚後であっても増大し続ける性欲を持て余した私は、ついにセフレ募集をするようになりました。

今思うと「なんでもっと早くしていなかったんだろう?」と思いますし、妻がいるときに別途相手を見つけて発散していたら、離婚まではいかなかったかもしれません。とはいえ、出会い系によるセフレ募集というのを知ったのはつい最近のことですから、過去を悔やんでも仕方ありません。

出会い系でのセフレ募集はとても簡単で、自分から書き込んでも良いですし、誰かの募集に乗ってもOKです。出会い系には私に負けないほど性欲の強い女性もたくさんいますから、会えば好きなだけやらせてもらえました。

ただ、それでも「こんなに性欲が強い人、初めてかも…」と言われることが多くて、1回会ったらすぐに逃げられる場合もありました。性欲が強い男は女性受けがいいと思っていたのですが、度を超していると例外になるようです。

そんなわけで今は特定の女性に負担をかけすぎることもなく、安定してセックスが楽しめています。また結婚したいという気持ちもありますが、それは性欲が落ち着いてからでも遅くないので、今はいろんな女性と楽しみたいですね。

性欲が落ち着かない場合は再婚も難しいでしょうが、それも人生だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする