セフレ募集に乗ってきた可愛い子はあまり開発されていないのか中がキツキツでした

『アソコがきつい女性』とセックスしたことありますか?女性の中というだけで非常に気持ちいいのですが、きついほうがより強い快楽を得られるのは間違いなく、一度でもきついアソコを味わったら普通の締め付けでは満足できなくなるかもしれません。

アソコのきつさがどんな条件によって決まるかは、諸説あります。一般的に『筋肉量の多い女性は締まる』とか『経験が少ない女性はアソコが狭いまま』といった意見が多く、それらが当てはまるケースも珍しくないでしょう。

人間の体は全身に筋肉が張り巡らされているため、筋トレをしていない人でもそれなりには備わっています。そして膣内の委縮についても筋肉が必要となりますが、近年は『膣内の締め付けをアップするための筋力トレーニング』なんてプログラムも実在するでしょう。

私がセフレ募集をした際に見つけた女性もアソコがキツキツでしたが、この人の場合は多分経験が少ないおかげだと思っています。そういうきついアソコを開発していくのも楽しく、いつかは自分専用に仕立て上げたいですね。

セフレ募集に応じてくれる女性というのはみんなエッチで経験豊富だと思っていたから、中がキツキツだとは想像していませんでした。最初にも書きましたが、女性の中は普通の締め付けであっても十分気持ち良く、童貞の男性なら暴発することも珍しくありません。

なのでどんな締め付けであっても気にしない…のですが、やっぱり締まるほうが嬉しいというのも揺るぎない本音でして、初めて入れたときは驚きと感動に包まれました。このセフレも可愛いので経験も多いと思ったら、「久々だったから…」なんて話していたのです。

開発されていない膣内というのはきつくていいですが、同時に相手は感じにくくなっているため、時間をかけて気持ちよくしてあげないといけません。そこまで開発を進めずともセックスはできるのですが、やはりお互いが楽しめるほうが関係も長続きします。

相手もそういう展開を期待してセフレ募集に応じてくれたと思ったので、私は丁寧に刺激するようにしました。その結果として今は膣内も少しこなれていて、それでいて中イキもできるくらいには開発も進んでいますよ。

中イキができるようになった女性はより一層セックスが好きになるので、男性側にもメリットがあります。これまで独りよがりなセックスをしてきたのならば、ときには相手のことも考えてみましょう。

私もセフレの膣内をさらに開発して、より気持ちよくなれるように邁進します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする