ペニスがちぎれそうになるくらいの締め付けを持つセフレとのセックスは激しい

ペニスに強い刺激が発生すると、男性は夢中になって腰を振りますよね?ペニスというのは急所であると同時に『もっとも敏感で気持ちいい部分』でもありますから、ここへの刺激はいつの世も男性を夢中にさせるのです。

ペニスへの刺激としてもっとも魅力的なのは、アソコの中ですね。元々ペニスが敏感なのは繁殖するためであり、生殖行為に励む男へのご褒美みたいなものです。もっとも、現代は快楽を得るための手段になっており、自分の手で刺激を与える行為も頻繁に行われています。

とはいえ女性の中に入れたときの気持ちよさは格別であり、どれだけオナニーの方法が進化してもセックスが廃れることはありません。日本はとくにオナニーの方法が豊富ではありますが、セックスしたがる人はたくさんいます。

とくに締め付けの強い女性とセックスをしたら、つい激しく腰を振るかもしれません。激しい腰振りはすぐに射精してしまうのでオススメできませんが、男性の下半身は欲望に正直であり、「我慢しようと思っていても腰が動く…」と話す人はたくさんいるでしょう。

女性の締め付けは個人差が強く、中には『ペニスがちぎれそうになるくらいきつい締め付け』もあり得ます。大げさに聞こえるかもしれませんが、実際にそれを体感すると「こりゃきついな…」と納得できるでしょう。

実は私のセフレもちぎれそうになるくらいの締め付けを誇る女性で、会う前から「私の中ってきついみたいです」と教えてくれました。こういう情報を耳にするとやはり期待するものでして、私は意気揚々と会いに行きました。

このセフレは身長こそ低いものの体型は引き締まっており、普段から運動しているのが分かります。胸こそ控えめですがこういう締まった体つきもセクシーであり、男性であればついジロジロ見てしまうかもしれません。

ホテルではまず愛撫をするのですが、指を入れたときからきついのが分かります。「指でもこんなに締まるのだから、入れたらさぞ気持ちいいだろうな…」というのが分かってくると、股間も自然と元気になりました。

そしてセフレに入れてみた感想については、先ほども書いた通りです。ペニスがちぎれそうになるほどの締め付けというのは初めてであり、最初はゆっくり動こうと気遣っていたものの、次第に腰振りは激しくなっていきました。

相手も激しいほうが気持ちいいのか不満を漏らすことはなく、なんだかんだ言っても最高のセックスが楽しめたのです。きつい締め付けは、男にとってはたまりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする