50歳の私でもまだまだセフレを作れるようです

50歳と言えばいよいよ働き盛りとしても佳境に差し掛かっており、世代交代を強く意識する頃だと思います。私の仕事も技術系なので後任になりそうな後輩にいろいろ教えることも多く、「ああ、自分もあと少しでロートルなんだなぁ」と感じていました。

とはいえまだまだ仕事で後れを取ることはないし、日本は長寿大国なので定年延長も普通にあり得るでしょうから、引退はまだ先かもしれません。仕事人間というわけではありませんが、妻もいるので老後資金には余裕が欲しいし、仕事を続けるのもやぶさかではありません。

なお、50歳になれば性欲も失っている人が多いのですが…私は仕事だけでなくそっち方面でもまだ現役らしく、好みの女性を見かける度に「セックスしたいな」と思っていました。妻のことも好きですが、性の対象というよりも人生のパートナーという感じで、男女として意識することはありませんでした。

だからアダルトビデオのお世話になることもしばしばありましたが、最近は「今は元気だけどもう少ししたら使いものにならなくなるかもしれないし、できれば好みのタイプを抱いておきたい…」と考えるようになったのです。

なので出会い系というものを使い、セフレ探しに挑戦してみました。年甲斐もなく…という表現がしっくりきそうな行動ではありますが、私としてはまだまだ遊びたいと思っていたので、新しいことにチャレンジしたのです。

ダメならダメで風俗にでも行こうかな…と思いきや、50歳の私でもまだまだセフレが作れるみたいです。相手は女盛りとも言える31歳の女性で、私からすればまだまだ若々しくてそそります。20代の女性も人気ですが、私からすればこれくらいの年齢のほうが女性として魅力的でした。

セフレと会うときはもちろん妻にバレないように警戒していた…のですが、長年連れ添った妻は無駄な詮索をすることはなく、あっさりと会うことができました。これは無関心というわけではなく、長年の信頼があってこそですね。

30代の女性は私と比べたら体力があり、油断すると腰砕けになりそうでした。しかしながら私も会う前はしっかりと我慢していたので、無事に最後まで楽しめたのです。やっぱり、セックス前の禁欲は効果が高いですね。

このように、50歳の男でもまだまだ相手探しはできるみたいですから、「まだセックスを楽しみたい!」とお考えの男性はチャレンジしてみるといいでしょう。50代から始めるセフレ探しも、悪くないですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする