オナニーに嫌気が差している人はセフレ掲示板で相手を探すのがおすすめ

オナニーを日常的に行っている男性は、数え切れないほど存在するでしょう。「セックスはたまにしかしないけど、オナニーは毎日している」なんて意見もあるように、相手がいないからこそ手軽に楽しめるという利点があります。

ただ、「オナニーをする度に嫌気が差す…」という人が多いのも事実です。これは俗に賢者タイムなんて呼ばれており、射精後は急速に冷静になってしまい、「もうオナニーとかいいわ…」と感じる原因になっています。

とは言え性欲はすぐに復活するため、またオナニーがしたくなります。しかしその都度嫌気が差すのにうんざりしているなら、セフレ掲示板で相手を探してみるのがおすすめです。

■オナニーに嫌気が差す理由を詳しく解説

なぜオナニーに嫌気が差すのかと言うと、『オスは射精することでそういうホルモンが分泌されるから』ですね。このホルモンはプロラクチンと呼ばれており、射精されることで分泌され、急速に性欲を失わせてオナニーという行為に嫌気が差すようになっています。

なお、こうした傾向は年齢とオナニーの回数を重ねるほど強くなり、「もうオナニーなんてしたくないのに、またムラムラしたらやってしまう…」という悩みを持つ人も多いでしょう。特に日本には性的なコンテンツが多く、突発的な性欲に頭を抱える人も少なくありません。

■セックスでは嫌気が差さない?

セックスにおいても射精するのは間違いありませんし、プロラクチンが分泌されるのも同じです。しかしオナニーに比べるとそういう嫌気が出にくいとされており、その理由は『女性と肌を触れ合わせることでオキシトシンが分泌されているから』です。

オキシトシンは幸せホルモンとも呼ばれており、男性は女性と肌を触れ合わせることで分泌されます。つまりプロラクチンによる嫌気がオキシトシンによる幸福感で中和されているため、オナニーのような虚しさも感じにくいのでしょう。

*セフレ掲示板で相手を見つければ楽しく射精できる

これこそがセフレ掲示板をおすすめする理由になっており、「もうそろそろオナニーは卒業したい…」と感じているなら、セフレを作って幸せホルモンを分泌しましょう。

もちろん彼女を作ってセックスさせてもらうのも1つの手段ではありますが、セフレを作るほうが簡単ですし、何よりデートなどの手間がないので関係の維持にも労力を割かなくて済みます。

■男らしくすこやかに生きるならセフレは役立つ?

男らしくすこやかに生きるためには、オナニーよりもセックスが必要です。だからこそセフレはとても役立つ存在となってくれますから、セフレ掲示板を使って探してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする