セフレ募集をしていた女性と青姦ばっかりしていたら・・・

青姦って滅多に経験するシチュエーションではないと思っていましたが、とある女性とセフレ関係になったら、かなりの頻度で経験するようになりました。
ちなみに相手が外でのセックスが好きなので、私は誘われるがまま応じていた感じです。

最初は人目とか気になったし、もしかしたら何度か見られたかもしれませんが…やってみると、かなり興奮するし気持ちいいです。外以外でもすることがありましたが、このセフレは外でしたほうが明らかに締まっているため、より一層気持ち良くなれました。

出会いのきっかけは、この女性がイククルでセフレ募集をしていたときのことです。
女性からセフレを探しているなんて珍しいことのように感じるかもしれませんが、大人向けの出会い系ではさほど珍しいことではありません。

もちろん、自分からセフレ募集をしている女性とは非常に会いやすく、それでいて簡単にセックスができます。出会い系で普通の女性をセフレにしようとする男性が多いですが、それだと交渉するのに時間がかかるし、途中で逃げられることも珍しくありません。

だからこそ、自分からセフレを探す女性は魅力的であり、私もすぐに声をかけました。
すると相手は「すぐに会いたいけど、大丈夫?」なんて聞いてきまして、あまりの積極性に「もしかして、風俗業者かも?」なんて疑いそうでしたね。

しかし金銭を要求することはなかったので、安心して会えました。
悪評の多い業者という存在は必ずお金を要求してくるため、絶対に無視すべきですが…こういう『セックスがしたいだけの一般女性』ならば、そういう心配はありません。

そしてこの女性、普通のセックスよりもスリリングなプレイが大変お好きらしく、青姦もすぐに希望してきました。「あまり人が来ないところがあるから、そこに行こう!」と誘ってきまして、驚きつつも応じたのですが…。

青姦の気持ちよさについては説明通りで、私もすぐにハマりました。
青姦は人に見つからない限りは本当に気持ちいいし、とくに不満はなかったのですが…どうやら外でのセックスは予想以上に日焼けしやすいみたいで、後日同僚に「なんか焼けたけど、スポーツでも始めたの?」なんて聞かれたのです。

ちなみにセフレも出会った頃に比べると焼けてしまったようで、私がそれを指摘すると「まあまあ、健康的でいいじゃん!寒くなれば結構元に戻るし」と楽観的で、いろんな意味ですごい女性だと再確認しました。

セフレ募集をしている人には、こういうタイプもいるみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする