出会い系でセフレ募集して成功すれば嫌な事も忘れられます

当たり前かもしれませんが、人間って普通に生きているだけでも嫌なことがたくさんありますよね?とくに社会人だと仕事によるストレスが半端なくて、なにかのアンケートでも仕事でストレスを感じるという人が1番多かった気がします。

もちろん、私も仕事ではストレスフルでした。給料については多くも少なくもないと思うのですが、とにかく上司がウザいのです。この上司は典型的な『上には媚びへつらって下にはきつく当たる』というタイプであり、何度怒られた分かりません。

その怒られる内容が間違っている際に指摘しても「黙ってろ!」としか言わず、もちろんほかの人もまったく尊敬していません。しかし上に媚びているおかげで時期社長とまで評価されており、「この人が社長になったら、みんな辞めてストライキしたほうがいいかもな」と言われてました。

そんなわけで、私もストレスを発散しないとやってられません。
もちろん後輩にきつく当たって発散するつもりはなく、むしろ後輩はみんないい人なのでそんなことはできないのです。それならどうやって嫌なことを忘れているのかというと、出会い系でのセフレ募集でした。

出会い系を使って女の子と話すだけでも結構気が紛れますが、セフレ募集に成功すると最高にハッピーです。彼女がいるならその人とセックスするのですが、今はなかなか出会いに恵まれないため、どうにもならないんですよね。

ですが、セフレ募集ならわりと簡単ですし、成功すればすぐにセックスできるというのがありがたいです。嫌なことを忘れてストレスを発散するコツは『ほかのことを考えられないほど夢中になる行為』が必要ですので、そういう意味でもセックスは最高でした。

この前セフレになってくれた女の子は、スタイルがよく性格も落ち着いているからとくに癒されますね。ストレスがたまっているときにきつい性格の子と会ったら少し微妙な気持ちになるのですが、癒やし系な子だと本当に救われます。

もちろん、セフレになってくれるだけあってエッチですし、セックスのときはいい意味で豹変しました。自分から「舐めていい?」とくわえてきて、口の中でギンギンに堅くなります。
セフレと会うまではできるだけオナニーもしないようにしているから、口だけでも出してしまいそうになりますね。

射精したあともまた口に含んで綺麗にしてくれるから、終わったあとも幸せな気持ちが持続します。仕事でストレスをため込んでいる人は、セフレを作るといいですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする